ニート期間と就職活動期間は比例する?

ニート期間と就職活動期間は比例する?

ある程度の就職活動期間を覚悟しよう

 就職活動の準備をするにあたって気にしておきたいのが、期間です。

 

 計画とも関連するのですが、この期間をある程度確保しておかなければなりません。それは精神的なものも含めてです。つまり、急いで就職しようと思ってはいけないということ。

 

 ニートの期間が長ければ、それに完全に比例するとは言えませんが、恐らく就職活動期間も長くなってしまうでしょう。特に気にしたいのは経済的なこと。

 

 数ヶ月間、時には1年以上にも及ぶであろう就職活動期間を乗り切るための経済力を確保しておくことも考えなければなりません。逆の発想もできます。今ある経済力に合わせて就職活動期間を設定するのです。

 

 焦る必要はないものの、しかし、いずれにしても戦いが長くなってしまう覚悟だけはしておいてください。

 

 

就職活動期間を無駄にしないために

 就職活動期間が長ければ、より良い活動ができるかと言えば、もちろんそんなことはありません。無駄にダラダラしてしまえば時間の無駄。3ヶ月なら3ヶ月、6ヶ月なら6ヶ月と期間を決め、その間、全力で取り組むように努力をし続けてください。

 

 この活動期間を無駄にしないためには、メンタルを整えておくことが必要です。精神的弱さを自覚しているのに、就職活動期間を1年にも設定したら、きっともたないでしょう。

 

 ニートであれば、3ヶ月から6ヶ月をひとつの目安とし、準備を整えることをお勧めします。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 就職5STEP 一押し求人サイト