あなたがなりたいのは正規雇用?非正規雇用?これらには違いがあるんです

あなたがなりたいのは正規雇用?非正規雇用?これらには違いがあるんです

正規雇用は正社員で、非正規雇用は?

 

 「働く」といっても、働き方にはいろいろとあり、それは雇用の形態によって分けられることもあります。正規雇用と非正規雇用、この分け方が一般的なのではないでしょうか。

 

 正規雇用は、これも一般的に言えば、正社員という枠組みで捉えられることが多い。継続して同じ会社で働くことができ、企業が通常の経営を維持できていれば、給与も特に滞りなく安定して支払われ、その他福利厚生と呼ばれる給料以外のサービス等を会社から受けることも可能なのが正社員。つまり正規雇用。

 

 非正規雇用にはアルバイトや契約社員、嘱託社員、日雇い労働者のように、いろいろな形態や呼び方が存在。何年も同じ会社で働くこともできるでしょうが、定年退職までというのは難しく、給与が安定して支払われたとしても、その額は正規雇用には及ばず、福利厚生が受けられない人の方が多いのが非正規雇用の特徴です。

 

会社における貴重度の違い

 

 正規雇用と非正規雇用は、働く側にとっても重要な分類となりますが、雇う会社側にとっても重要な分類となっています。

 

 それは貴重度の違いを見れば一目瞭然。福利厚生の話も少ししましたが、会社側は非正規雇用よりも正規雇用の方をより貴重と思っているので、非正規雇用では受けられない福利厚生を正規雇用に与えているわけです。

 

 非正規雇用へは重要な仕事を任せることは普通しません。ですからちょっとした指導や教育で、後な単調な作業を任せることが多い。しかし正規雇用へは責任を負わせることもあるため、その都度しっかりとした指導・教育・研修によって、能力の向上を図らせています。

 

働き続けることで違いが大きくなっていきます

 

 正規雇用と非正規雇用の違いは、それが働き続けることでどんどんと大きくなっていく点にもあります。

 

 具体的には給与が挙げられるでしょう。働き続ければ受け取れる給与がどんどん上がる正規雇用に対して、一定以上はどう頑張っても上がらない非正規雇用。それが毎月積み重なっていけば、当然トータルで貰えるお金の額もだいぶ大きな差となっていきます。

 

 加えて正規雇用にはボーナスが出る会社がほとんどなので、ここでもさらに差をつけられるのが非正規雇用という働き方なのです。

 

あなたがなりたいのは正規雇用?非正規雇用?これらには違いがあるんです関連ページ

仕事探しとは何か
求人情報媒体によって異なる求人情報
ブラック企業について知っておこう

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 就職5STEP 一押し求人サイト