求人情報媒体によって異なる求人情報

求人情報媒体によって異なる求人情報

どんな求人情報媒体があるの?

 いよいよ求人情報をゲットしようとする段階に入ります。この時に知っておきたいこと、それは、求人情報を集める媒体には幾つか種類があるということです。

 

 新聞の折り込み求人広告、無料求人冊子、有料求人雑誌、求人サイト。ざっと挙げるとこんなところでしょうか。新聞に直接掲載されている求人情報もあれば、求人サイトにもエージェントタイプや検索タイプなど、幾つか存在しています。

 

 これらの求人情報媒体、どれを使って仕事や企業を探し出しても構いません。いくつもの媒体を併用したってもちろんOKです。これらに加えて企業などが行っている説明会に足を運ぶのもひとつの手段となるでしょう。

 

 

自分に合った媒体の見つけ方

 どの求人情報媒体を選択するのがベストなのか、その答えを見つけ出すのはとても難しい。なので、一通り使ってみることです。例えば求人サイト。

 

 エージェントタイプはそれぞれのサイト(人材紹介会社)のスタッフが仕事の紹介から就職活動のアドバイスまで、一通りの面倒を見てくれます。

 

 一方の検索タイプは、自らで求人情報を見つけ、応募も対策も自らが行わなければなりません。エージェントの方が楽だと感じる人もいれば、検索タイプの方が気楽であると考える人もいる。

 

 ここには確かな個人差があるのです。また、媒体によって情報の量や内容にも違いがあります。

 

 ですから、気になる求人情報媒体を利用してみて、情報収集をしながら、次第にひとつに絞っていくという方法を選択するのがベストでしょう。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 就職5STEP 一押し求人サイト