志望動機次第で就職率アップ?

志望動機次第で就職率アップ?

明確な志望動機を用意しておこう

 履歴書を書く際に、多くの人が頭を抱えてしまう項目、それが「志望動機」。何から書き始めて、どんなことを記せばいいのか迷ってしまいますよね。あまり難しく考える必要はありません。とにかく明確な志望動機、これを企業側は求めています。

 

 あなたはなぜこの業界や職種を選んだのか、あなたはなぜこの会社を選択したのか。これがわかれば十分な志望動機になるでしょう。

 

 また、もしあなたに何かしらの能力があるのであれば、それを活かせるかどうかを考えながら志望動機を書くことで大きなアピール材料となります。

 

 その上で抽象的な表現は避け、具体的で明確であること、これを意識すれば良い志望動機が書けるはずです。

 

 

簡潔にまとめることが重要

 アピールしたいがためにどうしても長く書きがちな志望動機。企業が人材を募集している場合、そこに送られてくる履歴書は膨大な量となります。

 

 その全てに目を通すわけですから、細かな字で冗長な文章がそこにあれば、それだけで滅入ってしまうでしょう。もちろんこれはマイナスのアピールとなってしまいます。

 

 志望動機は明確であると共に、とにかく簡潔にまとめること、これです。無駄な言葉は削ぎ落とし、しかし伝えたいことが伝わるような言葉で構成する、そうすれば就職率もアップすると考えられます。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 就職5STEP 一押し求人サイト