自己PRは履歴書の最重要項目

自己PRは履歴書の最重要項目

必要なのは客観的な自己PR

 自己PRは、自分を企業に売り込む文句です。履歴書の中でも志望動機と並んで重要な項目となります。気合いが入ってしまうのはわかりますが、ここもやはり明確に、且つ具体的な内容で、簡潔にまとめなければ良い印象を与えることは難しいでしょう。

 

 客観的な自己PRを意識してみてください。「やる気や元気をアピールすれば採用してもらえるのではないか」、若く就職経験がない人はそうした風に思いがちですが、これは間違っています。

 

 誰から見てもわかるようなこと、思い込みだけではなく、それが仕事をする上で確かに現れるようなこと、こうしたことをまとめてこそ良い自己PRとなります。

 

 

自己PRでNGなこととは?

 履歴書に書く自己PRで、できれば避けたいことは何でしょうか。既に少し触れましたが、自らの思い込みや客観性に欠けるようなものはNGです。

 

「私は素晴らしい人間だ」と直接的はもちろん、暗に伝えるような表現もNGです。自分を何かに例えて表現したり、どこかの就職活動のバイブルから抜き出してきたような言葉や文章、これを並べるだけの自己PRもNG。

 

 さらに、ネガティブな思考であるとうかがわせる文章も避けましょう。自らの謙虚さをアピールするために使う人がいますが、面接ならともかく、一方的な表現となる履歴書では全く効果がありません。

 

 言うまでもありませんが、誤字脱字や間違いだらけの日本語、これも文字で表現するからには注意しておきたい点です。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 就職5STEP 一押し求人サイト