内容と印象で構成される自己紹介

内容と印象で構成される自己紹介

短く、わかりやすくまとめよう

 自己紹介とは何か、これは単に名前を名乗るだけではありません。今までの自分をここに集約させ伝えること、それが面接時の自己紹介となります。

 

 構成としては、もちろん名前を名乗ることから始まり、もし就職経験があるのであればそれを、ないのであれば学歴を伝えます。アルバイト経験を添えてもいいでしょう。

 

 そうした経験、あるいは資格などを紹介し、企業に貢献できることを伝えます。どのような気持ちで就職活動や面接に臨んでいるのかも伝えましょう。

 

 こうした構成を見てみると長い自己紹介だなと思われるかもしれませんが、就職を果たす人はこれを短く、簡潔にまとめあげます。大体1分くらいでまとめておくと、スッキリとし、且つ内容が濃いという印象を持ってもらえるでしょう。

 

 

言葉の選び方に気を付けよう

 自己紹介で気を付けたいのは、何と言っても言葉使い。ニートは人との接点が極端に少ない。その間に言葉の選び方や正しい日本語から離れてしまっていることも考えられます。

 

 就職活動中に修正はしていくでしょうが、言葉遣いは思考や癖が影響していますから、すぐに改善できるようなものでもありません。

 

 せっかく素晴らしい内容でまとめられていても、言葉の選び方に失敗すれば、それだけで印象がガタ落ち。

 

 面接の最初の段階にあるのがこの自己紹介ですから、良い雰囲気で進められるよう、言葉の選び方も合わせて準備しておくようにしましょう。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 就職5STEP 一押し求人サイト