会社のことを知り自らの印象をアップさせるためにも、面接時に聞いておきたいこと

会社のことを知り自らの印象をアップさせるためにも、面接時に聞いておきたいこと

他社と比べて誇れるところ

 

 「うちの会社は、他と比べてこんなところが優れている」とはっきり言える社員がいる会社は、信用しやすいはずです。他社と比べて誇れるところはどこですかと、面接官にズバリ聞いてみましょう。これにどのような反応を見せるかで、その会社やそこで働く人を信用できるかどうかも決まってくるはず。

 

 すぐに答えてくれたとしても、それがとても曖昧であったり、非常にありきたりな答えであれば要注意。この手の質問に答え慣れており、本心ではない可能性もあります。その辺りの見極めもしっかりとしながら、その会社で働く価値を面接時に確認しておいてください。

 

他社と比べて劣っているところ

 

 逆に、他社と比べて劣っているところを聞くのもいいでしょう。自分の欠点を自覚しており、それに向けてどのような取り組みをしているのかを重視すべきは応募者個人も企業も同じ。就職を希望する人にだけそれを求め、会社自身はそれを自覚もしないし改善への取り組みもしないなんて有り得ません。

 

 面接の中で、「あなたの弱点や短所を教えてください」などといった質問が出た場合には、ぜひこちらも「他社と比べて劣っているところを教えてください」などと聞き、自社を俯瞰して見ることができているかどうかを確認しておきましょう。

 

ニートに対する印象

 

 ニートに対してどのような印象を持っているか、という質問は、とても面白い質問になるかもしれません。

 

 自分がニートとして一時期を過ごしてきたことを説明した上でこの質問をすれば、相手はそれなりに工夫をした答え方をしてくるでしょう。工夫した上で馬鹿にするかもしれませんし、優しくフォローしてくれるかもしれません。

 

 もし馬鹿にされたりマイナスの要素を答えに盛り込んできたのであれば、それを払拭できるような発言を返すことで、印象を180度変えることができるはず。会社や面接官個人の考え方がわかり、且つ、自分の印象をさらにアップさせる質問になることは間違いないでしょう。

会社のことを知り自らの印象をアップさせるためにも、面接時に聞いておきたいこと関連ページ

面接の成否は予習で決まる!
内容と印象で構成される自己紹介
志望動機で全ての印象が決まる!

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 就職5STEP 一押し求人サイト