とても大事な入社式の自己紹介

とても大事な入社式の自己紹介

なぜ自己紹介が大事なのか

 晴れて入社することになれば、当然入社式や入社時には自己紹介を社員の前ですることになります。これは本当に大事な舞台。

 

 これで失敗したとしても解雇されるようなことはないはずですが、新たな仲間たちと円滑に物事を進めていく、あるいは「できないヤツだ」と思わせないためには、疎かにすることはできない要素となります。

 

 元々いる社員からしてみれば、「よそ者が来た」と、心のどこかで思うことになりますから、そうした気持ちを逆なでせずに、上手く入り込むためにはこの自己紹介の出来が重要となり、その後の社会人生活を大きく左右することにもなるのです。

 

 ニートであれば、そしてその情報が社員たちに伝わっているのであれば、尚更重要度は増してくるでしょう。直前に考えるのではなく、できるだけ前もって準備しておくことをお勧めします。

 

 

自己紹介の構成で意識したいこと

 他にも新入社員がいるかもしれません。例えいなかったとしても、短く伝えなければ、初日から気まずい雰囲気になってしまうでしょう。

 

 入社式での自己紹介の構成は、名前、今の気持ち、抱負、そして「色々と教えてください」というお願い、こうした形が一般的。

 

 ニートであったことをわざわざ伝える必要はありませんが、もしそれを伝える事によって場の雰囲気が和む、あるいはその後の意欲や抱負に上手く繋げられるのであれば、自己紹介に織り交ぜても問題はないでしょう。

 

 それらをハッキリと、社員たちの顔をまんべんなく見渡しながら伝えれば、非常に素晴らしい自己紹介となるはずです。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 就職5STEP 一押し求人サイト