試用期間って何だろう?の疑問と不安を解決します

試用期間って何だろう?の疑問と不安を解決します

試用期間も通常の採用と同じです

 

 未だ正規雇用で働いたことのないニートの人々にとっては、求人をチェックした時にしばしば目にする「試用期間」という言葉が、なんだか非常に不安を煽るもののように感じるかもしれません。

 

 しかし、試用期間といっても、これは通常の採用と同じであり、正規雇用の前にアルバイトとして雇いますよ、といったものでもありません。あくまでも会社側が定めているものであり、法律上は、重複しますが、通常の採用と同じなのです。

 

 

何のための試用期間なのでしょう

 

 通常の採用と同じなら、なぜわざわざ「試用期間」などとしているのでしょうか。これは、会社側が、採用した人間が本当に会社にとってふさわしい人物なのか、しっかりと働く能力を備えているのかをチェックするためです。

 

 いくら無数の応募者や働く人々を目の当たりにしてきた人事の人間でも、応募書類と面接のみでその人の本質を完璧に見極めることはできません。判断ミスも当然あるでしょう。それが転職ではなく、未経験者を雇うことになれば尚更です。

 

 そこで試用期間を設け、通常と同じように採用はするが、その間に適性を見極め、その後継続して採用し続けるかどうか判断しよう、という考え方がそこにはあるのです。

 

 

試用期間中でも不当な解雇は無効

 

 試用期間と聞くと、少しでもミスをすれば解雇されるのではないか、と心配になるかもしれませんが、そんなことはないので安心してください。試用期間中と言えども雇用契約は成立しているので、不当な解雇は法律上許されてはいません。

 

 どこからどこまでが不当解雇にあたるのかは判断が難しいところですが、会社のルールを著しく違反するようなことがなければ、通常は働き続けることができるでしょう。

 

 これらのことから、試用期間を極端に疑う必要はありませんし、一生懸命働いていれば数ヶ月で試用期間を終了させることができるため、就職活動の際にはあまり気にする必要はなく、これによって応募する企業を選別する必要もほとんどないと覚えておいて問題はありません。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 就職5STEP 一押し求人サイト