ニートの就職活動心得

ニートのための就職活動心得

.就職活動に自信がないなら

 

 ニートが正社員として就職活動を行う上では、さまざまな壁が立ちはだかります。それは、ニート期間や理由にもよりますが、就業経験がない、あるいは少ない人も多く、コミュニケーション能力が落ちていることも多いからです。

 

 そのため、せっかく面接にいく機会があっても、うまく相手の意図することがわからないこともあるようです。また、うまく就職できても、職場の人間関係に馴染めず長続きしない人もいるようです。

 

 そこで、いきなり正社員としての就職活動を始めるのは、ハードルが高いと感じる人の場合には、社会復帰も兼ねて働くことに慣れるためにバイトから始めたり、ハローワークに相談に行ったり、職業訓練校に通うのもお勧めです。

 

 

就職活動を決心したなら

 

 ニートで正社員として就職しようと決心している人の場合には、まずは生活リズムを整え規則正しい生活をしながら活動をすると良いでしょう。

 

 そして、生活にメリハリがつくように、スケジュールを決めて、求人検索や、ハローワーク、ジョブカフェ、会社説明会などに積極的に参加するようにします。

 

 ここで、ニートをしていたために、同年齢で就職した人に対してハンディを感じても、若い間のハンディは1、2年程度で挽回できるものです。そこで、自分はニートだからとあきらめたり、あせらずに就職活動をすることが大切です。

 

 しかし、もしどうしても自信喪失から抜け出せない場合には、NPOなどが就職支援をしているプログラムに参加してみるのもひとつです。

 

 

情報収集をしてみよう

 

 具体的に就職活動するためには、ハローワークなどの公的機関やセミナーに参加するだけではなく、複数の就職サイトに登録してみて、自分がやりたいことや興味がありそうな仕事についてリサーチしてみると良いでしょう。

 

 その他のやるべき活動としては、

  • ハローワークや地域サポートステーションで就職面談や相談をする
  • 就職支援サイトや人材紹介会社に登録する
  • 自己分析をしてみて性格や強みや弱み、適性などを確認する

 

 

終わりに

 

 ニートの就職活動では、実際の就業経験がなくても卒業後3年以内ならば、新卒同等の扱いをうけられるため、新卒求人に応募します。

 

 そして、就職活動では、最初はなかなかうまくいかないこともありますが、無理をせずにできるだけ多くの情報収集をして気長に就職活動をしていくことが大切です。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 就職5STEP 一押し求人サイト